【例文付き】エンジニアの職務経歴書を書くときに抑えるべきポイント

転職活動Tips

どんな職業でも、転職の時に必ず提出しなければならないのが、職務履歴書です。 転職活動を始めたものの、「職務履歴書の書き方がわからない」とお悩みではありませんか? 特に、エンジニア未経験者で転職を目指す場合は不安ですよね。

また、職務履歴は書いたけれども、「ちゃんと評価してもらえるか心配」「魅力的だと受け取ってもらえるか自信がない」と応募をためらっている人もいるでしょう。

IT/Webエンジニアの転職ならQiita Jobs

Qiita Jobsに登録すると、Qiita記事を読んだ採用担当者からチャットリクエストが届きます。プロフィールを入力して、企業からのチャットリクエストを待ってみましょう。

Qiita Jobsに登録する

エンジニアの職務経歴書に書くべき要素は 3 つ

職務経歴書は主に 3 つの要素で構成されています。 職務履歴、自己 PR、志望動機です。 まずは、各パートにはどんなことを書くのかを見ていきましょう。

職務履歴

職務履歴には、これまでどんな仕事をしてきたのかを書きます。

エンジニア経験者の場合、今までに携わったプロジェクトの内容やマネジメント経験、身に着けたスキルを書くとよいでしょう。 エンジニア未経験者の場合、エンジニア経験がないため「書くことがないのでは」と思うかもしれませんが、 前職までの仕事内容やそこから学んだことを重点的に書き、しっかりと社会人経験を積んでいることを伝えましょう。

自己 PR

自分の強みや得意なことを伝えます。

物事に取り組む際の自身の姿勢やチームワーク力、論理的思考力があるなど、仕事をする上で求められる強みや能力を書きましょう。

未経験者の場合、職務履歴よりも自己 PR を重視されることがあります。エンジニアとしてのスキルがあまりなくても、入社後に活躍するだろうということが伝われば、採用担当者へいい印象を与えることができます。

志望動機

なぜその企業に転職したいのか、具体的な理由を書いてみましょう。

例えば、エンジニアを志した理由から IT 業界を選んだ理由、そしてその中でもどうしてその企業を志望するのかを書くと、キャリアアップやキャリアチェンジについて納得度高く伝えられるでしょう。

「福利厚生がいいから」など自分が享受するメリットではなく、採用する側のメリットが伝わるように書くと好印象です。

ここまでは、職務履歴書に何を書くのかを紹介しました。 今度は、各パートを書くときに抑えるべきポイントをチェックしていきましょう。

エンジニアの職務経歴書を書くときのポイント

システムの開発環境や言語/資格は詳細まで書く

これまで経験したシステムの開発環境や使用していた言語、資格を記載しましょう。 特に言語に関しては、勉強中のものも含めておくと、どこまでトレンドを追えているかを伝えることができます。 なるべく細かく書くようにしましょう。

また、技術に対する理解や見解もあると、業務への姿勢をアピールできたり、入社後配属されるチームとのマッチ度を測ったりできるかもしれません。

担当した業務/プロジェクトの規模や内容は学んだことも一緒に記載する

担当してきた業務やプロジェクトを書きます。いくつか記載する場合は、古いものから順に書いていきましょう。 この時、機密情報や書いてはいけない情報などを記載しないように注意しましょう。伝えられる範囲で問題ありません。

担当年数だけでは実力が伝わりにくいことがあるので、これまでの業務から何を学んだか、何を習得したかなども併せて書くと、どんな経験をしてきたかを的確に伝えることができます。

例文

- 概要
    - ECサイト構築
        - UI設計
        - 商品管理システムの設計・構築
        - 決済システムの設計・構築
- 担当領域
    - 商品管理システムの設計・構築
        - 入荷/出荷の商品管理の設計
        - ユーザーが購入した商品の在庫確認システムの設計・構築
        - 購入後の配送オペレーションシステムの設計・構築
    - 全体のシステムテスト、保守・運用、メンテナンス業務
- その他業務
    - テックリードとして、主要言語のバージョンアップ業務担当
- 実績
    - 配送オペレーションに関しては私1人で実装を行いました。
配達状況をリアルタイムでアプリにも連動させ、配達完了のリクエストに対してアプリ側で通知・メールでも連絡するなど、安心してユーザーへ商品を届ける事を心がけておりました。
そのおかげもあって、ユーザーからのリピード購入率が上がり、ECサイトの売上・満足度向上につなげることが出来ました。

自己 PR を書くときのポイント

ただ強みをアピールするだけではなく、「どんなことに貢献できるか」につなげて書くと採用担当者の目に留まりやすくなります。 自分が活躍したことや、成果を出せた事例やその理由などのエピソードも忘れずに書きましょう。

さらに、普段から意識していることや工夫していることも記載しておくと、あなたの人となりを伝えることができます。 自己 PR 欄で魅力的な人物であることをアピールできるといいでしょう。

例文

金融や保険業界の方が使用するシステムを作っていたため、取り扱う情報やセキュリティについては毎日慎重になりながら開発を進めていました。
その中で貢献出来たなと思っているのはクライアントとの折衝業務です。
意識していたのは要望を受けたものをただ開発するだけでなく、クライアントの理想を汲み取ることです。
時には、+αの機能提案を営業担当の方と一緒に説明することがありました。
このような開発スタイルをとっていたため、システムの柔軟性には定評を頂いていました。

志望動機を書くときのポイント

応募する企業の理念や方向性、求められている人物像とずれていないことを確認しましょう。 そのために、志望動機を書く前に応募先の企業 HP をよく読むなど、下調べが大切です。

例文 1.

魅力的な Web サービスの開発・運用や高品質な UI に惹かれ、貴社を志望しました。
前職では、Web デザイナーとして、サイト内のデザインなどをしていましたが、ただデザインするだけでは物足りず、ユーザーが直接見たり体験する部分に対してもっと責任を持ちたいと思うようになりました。
最高の UI・UX を作るためには、企画力やデザインへの理解など広範囲にわたる知識や実行力が必要です。
JavaScript やフレームワークはまだ勉強中ではありますが、
Web デザイナーとしての経験を活かし、貴社のサービス開発に携われたらと存じます。

例文 2.

貴社の情報サービスは多くの人が使うサービスで、私自身も利用経験があります。始めて利用したときに、生活における様々な課題をスマートに解決できるという点に大変感動したことを覚えています。
前職でもウェブサービスの開発業務を担当することはありましたが、受託開発だったため直接サービスを利用するエンドユーザーからの反応を得る機会があまりありませんでした。
前職の開発経験を活かし、お客様に沿ったサービスの機能改善や質の向上に貢献したいと思い、貴社を志望しました。「どんな人に届けるのか」「どんな声があるのか」を日々すばやくキャッチアップしながら開発することで、より一層満足度の高いサービスに成長させたいと考えています。

まとめ

今回は、エンジニアの職務履歴書を書くときのポイントについて解説しました。 可能な限り詳細に、また、しっかり自己分析や企業分析をした上で取り組みましょう。

Qiita Jobs では、プロフィール画面から職務履歴や自己 PR を書くことができます。 さらに、プロフィールを入力すると、企業からのチャットリクエストを受け取れる可能性が高くなります。

企業ページの「気になる」ボタンを押せば、気になる企業へアピールすることもできます。Qiita Jobs を活用して、転職活動をスムーズに進めましょう!

Qiita Jobsに登録するプロフィールを書く

関連記事

シェア

この記事が気に入ったらシェアしてください

カテゴリ

フォロー

Qiita Jobs Plus

Qiitaで見つかる最高の仕事

カテゴリ
Increments
© 2021 Increments Inc.