【例文付き】未経験でも大丈夫!エンジニアの志望動機の書き方とコツ

転職活動Tips

エンジニアとして転職したいと思って職務経歴書を書き始めたものの、「どうやって志望動機を書いたらいいのかわからない」「職種を変えるから具体的に志望動機を書くのが難しい」と悩み、手が止まってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、志望動機の書き方のコツを紹介します。また、エンジニアの仕事内容の解説もします。応募する職種がどんなことをするのか確認しておくと入社後にどんなことがしたいかを具体的に書くことができるでしょう。

志望動機の例文もあるので、実際に志望動機を書くときに参考してみてください。

IT/Webエンジニアの転職ならQiita Jobs

Qiita Jobsに登録すると、Qiita記事を読んだ採用担当者からチャットリクエストが届きます。プロフィールを入力して、企業からのチャットリクエストを待ってみましょう。

Qiita Jobsに登録する

エンジニアの仕事とは

エンジニアの仕事は、主に要件定義の作成や開発、場合によってはマネジメントなどがあります。ただし、エンジニアと一口に言っても色々な職種があり、関わる範囲や扱う技術が異なります。

この章では、自分が志望する職種はどんな業務なのかを確認しておきましょう。 志望動機を具体的に書くヒントが得られるかもしれません。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、ユーザーが直接見る部分を担当します。ソフトウェアでユーザーが直接見る部分を、HTML や CSS、JavaScript などを使って実装していきます。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアは、サーバーの処理の実装を担当します。ウェブページにデータを表示させたり、データベースとのやりとりが行えるよう処理を実装していきます。

Ruby や Java、PHP、Go などを使うことが多いです。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの設計や構築、運用を行います。 サーバーでデータベースのやり取りが発生するため、サーバーサイドに関する知識も求められます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、IT におけるインフラを扱うエンジニアです。サーバーを含むコンピュータや、ネットワークの設計や運用、管理を行います。

ネイティブエンジニア

ネイティブエンジニアは、スマホアプリの設計や開発を行います。 スマホアプリは主に iOS と Android の 2 種類あるため、iOS アプリを中心に開発するネイティブエンジニアと、Android アプリを中心に開発するネイティブエンジニアがいます。

iOS アプリなら Swift や Objective-C、Android アプリなら Kotlin や Java といったプログラミング言語を使って開発することが多いです。

機械学習エンジニア

機械学習エンジニアは、その名の通り、機械学習を担当するエンジニアです。 大量のデータをコンピュータに学習させるために、アルゴリズム設計や、人間ができないような分類や予測を可能にします。 機械学習では、Python が使われることが多いです。

志望動機の書き方

ステップ 1. エンジニアになりたい理由を書く

未経験でエンジニア転職をする場合、なぜエンジニアになりたいと思ったかを必ず伝えましょう。 未経験からのエンジニア転職では、言語や技術の学習にしっかり取り組めるかということや、熱意があるかどうかが重視されます。 エンジニアという職業や仕事内容について興味や関心があることをアピールするとよいでしょう。

ステップ 2. 企業への応募理由を書く

なぜ応募しようと思ったのか、理由やエピソードを書きましょう。 「自分が好きなサービスだから」「最新の技術を身に着けたいと思ったから」などポジティブに書くと好印象です。

応募理由を明確に書くことで、どうしてこの企業に入りたいと思ったのかを納得してもらいやすくなります。

ステップ 3. 入社後にどう活躍したいのかを書く

入社後はどのように活躍したいのか、どのように貢献したいのかということを書きます。採用担当にあなたが入社するメリットを伝えましょう。 なぜそう思うのか理由も添えると説得力が高くなります。

これまでの経験を活かせることや、意気込みがあることも併せてアピールするとよいでしょう。

転職後はしっかり成果を出したいという姿勢が伝わればいい印象を与えることができます。

志望動機を書くときのポイント

志望動機を書くときのポイントを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

PREP 法で書く

志望動機は PREP 法で書きましょう。 PREP 法とは、結論(Point)、理由(Reason)、具体例(Example)、結論(Point)という順番で展開される文章の書き方のことです。

結論から述べることで端的に伝えることができるため、説得力があり、読みやすい文章を作ることができます。

また、PREP 法を用いれば各要素に自分の情報を当てはめるだけでいいので、文章作成に苦手意識がある人でもスムーズに書けるでしょう。

求められている人物とマッチすることをアピールする

志望動機を書く時には自分がどんな人物かも伝えます。この時、応募する企業が求めている人はどんな人か?という点を確認しましょう。

あなたの性格やあなたの理想の社会人像・エンジニア像に合うのであれば、その点をアピールすると良いでしょう。

優秀であるだけでなく、経営理念を体現している人や「一緒に働きたい」と思える人を採用するという企業は少なくありません。

志望動機例文

この章では、エンジニアが転職するときの志望動機の例文を紹介します。

例文 1. エンジニア経験者の志望動機例文

貴社の情報サービスは多くの人が使うサービスで、私自身も利用経験があります。始めて利用したときに、生活における様々な課題をスマートに解決できるという点に大変感動したことを覚えています。
前職でもウェブサービスの開発業務を担当することはありましたが、受託開発だったため直接サービスを利用するエンドユーザーからの反応を得る機会があまりありませんでした。
前職の開発経験を活かし、お客様に沿ったサービスの機能改善や質の向上に貢献したいと思い、貴社を志望しました。「どんな人に届けるのか」「どんな声があるのか」を日々すばやくキャッチアップしながら開発することで、より一層満足度の高いサービスに成長させたいと考えています。

例文 2. エンジニア未経験者の志望動機例文

魅力的な Web サービスの開発・運用や高品質な UI に惹かれ、貴社を志望しました。
前職では、Web デザイナーとして、サイト内のデザインなどをしていましたが、ただデザインするだけでは物足りず、ユーザーが直接見たり体験する部分に対してもっと責任を持ちたいと思うようになりました。
最高の UI・UX を作るためには、企画力やデザインへの理解など広範囲にわたる知識や実行力が必要です。
JavaScript やフレームワークはまだ勉強中ではありますが、
Web デザイナーとしての経験を活かし、貴社のサービス開発に携われたらと存じます。

まとめ

いかがでしょうか。今回はエンジニアの志望動機の書き方について解説をしました。

要点をまとめると、志望動機を書くときは以下の 3 つが大切です。

  • 応募の理由は必ず書く
  • 入社後にやりたいことは具体的に書く
  • 応募先の企業が求めている人物像と自分がマッチしているか確認する

この記事で紹介したコツを抑えて、魅力的な志望動機を書いてみましょう。

Qiita Jobs では、職務経歴などのプロフィールを入力すると企業からチャットリクエストが届く確率が上がります。 また、企業ページから「気になる」ボタンを押すと、あなたのプロフィールを企業にアピールすることができます。

さっそく Qiita Jobs に登録して、転職活動を始めましょう!

Qiita Jobsに登録するプロフィールを書く

シェア

この記事が気に入ったらシェアしてください

カテゴリ

フォロー

Qiita Jobs Plus

Qiitaで見つかる最高の仕事

カテゴリ
Increments
© 2021 Increments Inc.