社内SE転職は難しい?社内SEとして転職するときに気を付けたいこと

転職活動Tips

「SE がキャリアアップするなら社内 SE になるのがいい」ということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 直接サービスの開発に関われたり、受託開発と比較してスケジュール調整がしやすかったりするなど、魅力的なところがありますよね。

しかし「社内 SE の転職は難しい」という声もあるようです。

そこで今回は、社内 SE の仕事内容や、社内 SE として転職する際に気を付けたいことなどを解説します。

IT/Webエンジニアの転職ならQiita Jobs

Qiita Jobsに登録すると、Qiita記事を読んだ採用担当者からチャットリクエストが届きます。プロフィールを入力して、企業からのチャットリクエストを待ってみましょう。

Qiita Jobsに登録する

社内 SE とは

社内 SE とは、自社の事業などの開発や自社で使用するシステムの管理などを担当するエンジニアのことです。

受託開発のように依頼があったときに稼働するのではなく、経営や事業の戦略を把握した上でシステムの開発や管理を行います。また、社内の IT ヘルプサポートという役割を担う場合もあります。

このように、社内 SE の業務内容は幅が広く、企業によってはやることが全然違うということもあるようです。「念願の社内 SE になれたけど、想像していた仕事内容と違った…」ということも起こり得ます。

転職をしたあとのミスマッチを防ぐためにも、社内 SE と言われる職種は実際にどんなこをしているのか、次の章で紹介します。

社内 SE の仕事内容

社内 SE の仕事内容は、大きく分けて 2 つあります。

システムの導入や開発の実施

一つめは、事業の方針や自社の状況を踏まえ、利益を増やすことを目的としたシステムの導入や開発の実施です。分析や他部署へのヒアリングを実施しながら、既存システムの改善をすることもあります。

IT ヘルプサポート

二つめは、社内の IT ヘルプサポートとしての役割です。社内システムの構築や、社員が使用するパソコンなど IT 機器の管理・トラブル対応です。 PC や IT ツールの使い方がよくわからないという人にとってはとても重要な存在です。

社内 SE の魅力

ここまでは社内 SE がどんなことをするのかを確認しました。 この章では、社内 SE として働く魅力を紹介します。

人気と言われる社内 SE はどんな点が魅力なのでしょうか。

1. 労働環境が良い

社内 SE は、自社オフィスでの勤務や在宅勤務をすることがほとんどです。勤務時間も規定の範囲に収まることがあるようです。 受託開発だと、客先外注で定期に勤務場所が変わる、納期までの時間が少なく残業が多いということがありますよね。

また、「納期」という考え方がないため予定していたリリース日に間に合わない場合は調整がしやすいようです。企画から開発まで自社で行うので、スケジュールの融通が利くところが魅力的です。

2. やりがいを感じられる

経営やサービス全体の運営に関わりながら IT 関連の業務を行うため、企画など上流の工程に参加できます。 自分の仕事が事業や会社全体に影響を与えるので、やりがいを感じるという人も多いようです。

さらに、開発したものがヒットすればユーザーから直接感謝をされる機会があるかもしれません。自身の社内での評価にもつながるでしょう。

3. 幅広い知識や経験が得られる

基本的に自社ですべて行うので業務範囲が広く、プログラミングなどの開発業務以外の知識や経験が得られます。 エンジニアとしてだけでなく、社会人として必要な能力も磨くことができるでしょう。

ここまでは、社内 SE の魅力について紹介しました。惹かれる要素はあったでしょうか。 人気の職種であるのも納得だと思った人もいるかもしれません。

次の章では社内 SE として転職するのは難しいと言われる理由を解説します。

社内 SE の転職は難しいと言われる理由

社内 SE の転職が難しいと言われるのは、倍率の高さが主な理由です。 人気な職種であることや、そもそも空いているポジションが多くないことから、「社内 SE の転職は難しい」と言われるようです。

社内 SE には年齢相応のスキルや経験、マネジメント能力が求められるなど自分の能力ではハードルが高く採用されないケースもあります。

ほかにも「社内 SE」の業務の範囲が企業によって異なるため、求人内容と自分のやりたいこととマッチしづらいという点も理由として挙げられます。

社内 SE の転職に求められるスキル

この章では、社内 SE になるという狭き門を突破するために必要なスキルを紹介します。 「社内 SE への転職は難しい」といわれる理由や懸念を払拭できれば転職できるかもしれません。

コミュニケーション能力

日々の業務でのコミュニケーションはもちろん、他部署や経営陣と関わる際に、折衝力や交渉力、プレゼン力があれば優秀な社内 SE だと評価されるでしょう。

また、周囲を巻き込んでのプロジェクト推進や、プロジェクトマネジメントもできれば間違いなく重宝されます。

事業拡大への貢献力

社内 SE は自社の経営戦略を踏まえて仕事をするエンジニアなので、事業に対する興味や関心は重要です。自分が携わるサービスが目指す方向を踏まえて IT 戦略や施策の立案ができると良いでしょう。

受託開発とは違い、企画内容は自分たちで決めていかなければいけません。積極的な行動が求められます。

開発に関する知識やスキル

最後になりましたが、やはりプログラミングに関する知識・経験は必要不可欠です。

特に自社開発では、サービスに合わせた特定の言語や技術の知識が必要になります。 さらに、最新の知識やスキルを先回りして勉強しておくと高い評価を得られるかもしれません。

社内 SE 転職をするときに気を付けたいポイント

いざ転職活動をしようと思った時は、以下の 3 つのポイントを抑えておきましょう。

ポイント 1. スキルアップをする

社内 SE のポジションは倍率が高いです。少しでも抜きんでられるよう、スキルアップに励んだり、経験値を積んだりしましょう。

ポイント 2. 企業分析をする

気になる企業があれば企業分析をしておきましょう。企業が社内 SE という職種にどんな人物を求めているかがわかるかもしれません。

採用担当者が「この人なら事業拡大に貢献してくれそうだ」と思う要素を抑えておくのも良いでしょう。

ポイント 3. 早めに応募する

社内 SE は人気の職種故に募集が早く終わってしまう可能性があります。「ようやく応募する準備が整った!」という時に応募先がないということがないように、日々アンテナを張っておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、社内 SE として転職をしたいと思っている人向けに、必要なスキルや転職で抑えるべきポイントを解説しました。

この記事を読んで、「今すぐ転職活動をしなきゃ」と思った人もいるのではないでしょうか。

Qiita Jobs なら今すぐに転職活動を始めることができます。 プロフィールを記入しておけば、システムエンジニアの求人を出している企業から「勉強会に参加しませんか」「面接をしませんか」など声をかけてもらえることがあります。

「転職はまだ考えていない」という人でも、Qiita Jobs に登録するだけでいつでも転職のチャンスを掴めるのが魅力的です。

さっそく始めてみましょう。

Qiita Jobsに登録するプロフィールを書く

シェア

この記事が気に入ったらシェアしてください

カテゴリ

フォロー

Qiita Jobs Plus

Qiitaで見つかる最高の仕事

カテゴリ
Increments
© 2021 Increments Inc.